~シェアスペースご案内~

複合シェアスペース | SAVE AREA

廃倉庫を利活用して、

「C.V.C.モール」(長屋式個人店商店街)
「Office FORREST」(シェアオフィス)
「亜空間ノイド倶楽部」(シェア工作室)
「Sスタ」(多目的個室)
「R&Wroom」(学びと癒やしの和室個室)
「FORREST KITCHEN」(シェアキッチン)
「芝生の休憩所」(フリースペース)
「WhiteSpace-01010」(ギャラリー)
「珍しかった駄菓子屋」

を集結させた複合スペース。
おとな、こども、おじいちゃん、おばあちゃん、ファミリー、ママさん、
ものづくり、アーティスト、おさんぽがてら…
みんなが利用できて関わることの出来るネオ公民館として、
2019年より始まりました。
今は「とても小さな”まち”」になりつつあります。
地元だけでなく、噂を聞いた各地からも素敵な方々が訪れるので
様々な人種や種族が立体交差する縁起製造所にもなっています。
西武鉄道が開発した所沢の西部でSAVE(みんなで守る)エリアを作ろう!みたいな感じのコンセプトです。

シェアスペース料金一覧へ

 

 

C.V.C.モール

SAVE AREAの中にある、「Craft」「Vintage」「Creative」の頭文字を並べた個人店ショッピングモール。
個性的なお店が約10軒並ぶスペースにはリサイクル・古道具・おもちゃ・オーガニック食材・ハンドメイドクラフト・古着・レザー・ビンテージ・アメ雑・オリジナルプロダクト・作家作品・駄菓子屋さんまで並んでいる不思議なエリアです。

シェアスペース料金一覧へ

写真の説明はありません。

 

Office FORREST

SAVE AREAの中にあるノマドオフィス。
フリーランスやリモートワークをしている人達や
クリエイターの方々にも楽しんでいただきたいコワーキングスペースです。
オープンブースなので、ひとりで集中して仕事したい方にはもしかしたら若干合わないかもしれませんが、
縁起を大切にするSAVE AREAならではの交流で様々な仕事人と出会えるチャンスがあるシェアオフィスです。
スポット利用から月額利用まで対応しています。
※亜空間ノイド倶楽部・ FORREST KITCHEN と隣接しています。

シェアスペース料金一覧へ

 

亜空間ノイド倶楽部

SAVE AREAの中にある会員制デジタル工作室です。
3Dプリンター・CO2レーザーカッター・エアブラシ・カッティングプロッター・旋盤機・バキュームフォーム・木工用品
などが使える、ものづくり好きにはたまらない空間。
所沢イチのシェア型ファブリケーションスペースです。
スポット利用から月額利用まで対応しています。
※Office FORREST ・ KITCHEN と隣接しています。

シェアスペース料金一覧へ

 

 

 

Sスタ

会議・撮影・ワークショップ・ゲーム会・リモートMTGなど、
~7名くらいまで使える便利なお部屋。

シェアスペース料金一覧へ

 

R&Wroom

12畳の和室の個室。ヨガ、鍼灸、学童、こども会など
“靴を脱ぐ”利点を活かせる貸切個室空間。

シェアスペース料金一覧へ

 

 

FORREST KITCHEN

元カフェスペースにて利用していたキッチンをシェアキッチンとして解放しております。
IH・カセットコンロ・製氷機・オーブンレンジ・食器などございますので、
キッチンを貸切って料理開発やワークショップなどを行うことが出来ます。
現在こちらのスペースでは焙煎機を使った珈琲焙煎ワークショップなどを開催しています。
※Office FORREST ・ 亜空間ノイド倶楽部と隣接しています。

シェアスペース料金一覧へ

 

芝生の休憩所

オープンエアーで人と会える風通しの良い休憩所です。
出店に来ているキッチンカーのご飯を食べたり、散歩のついでに休憩したり、
屋根があるのでワークショップを開催したり、テント出店をすることもできます。
雨はしのげるけれども、夏は暑くて、冬は寒い。
でも、そんなところが個性的な半外スペースです。

 

WhiteSpace-01010

2020年12月よりスタートしたニューエリア
CVCモール内に出来た真っ白なスペースは
10日ごとに作家や表現者が変化していくギャラリーとして始まりました。
白に戻すなら直書きしても大丈夫な10日ごとに埋まり変わる空白地帯。
様々な作家やポップアップをお届け致しますので
遊びに来た際は”その時”の作品を観るチャンスです。

 

珍しかった駄菓子屋

レジ前の駄菓子コーナーは近所の小学生に大人気。
確かに駄菓子屋さんなのですが、お店のまわりには穏やかで素敵な多種多様な人々が居る。
そんな駄菓子屋さんで遊ぶ。小学生の時にそんな体験するって、きっと多分珍しい。
だからきっとこども達は15年後くらいに
「自分が遊んでいた駄菓子屋は珍しかったこと」に気づくのではないでしょうか。